新聞・雑誌紹介記事 2
2002/12/04
海外進出、技術は手探り

(日経産業新聞)

連載シリーズ「苦闘する金型」3 で日進精機のタイ進出の件が取り上げられ飯田工場でのタイ人設計者の教育などが紹介される。
2002/11/09
ものづくり産業活性化へ

(南信州)

11月7日に開かれた長野県経営者協会飯伊支部が主催する「安川会長を囲む南信ブロック経営懇談会」の様子が紹介され、加藤社長が発表した電気通信大学との産学連携の事例発表が詳しく取り上げられる。
2002/10/21
小学生から育てる

(日刊工業新聞)

コラム「座標軸」で小中学生の工場見学には前向きに取り組んでいる加藤社長が「ゆとり教育」への疑問、ものづくり教育などについて持論を展開。
2002/10/17
インドの大臣が日進精機を訪問

(日刊工業新聞)

インドのアルン・ショーリー公営企業民営化大臣が訪問し工場視察したこと紹介される。同社の印象について「工場が清潔で、社内の風土にも精密さを感じた」との感想も紹介される。
2002/9/6
リフレクター向け金型、競争激化、技術生かす

(日経産業新聞)

縄田工場長の案内で日進精機の飯田工場を案内された記者の目で見たリフレター金型の製造工程、技術的な位置付け、今後の展望などが紹介される。
2002/8/20
電気通信大学と共同開発

(日刊工業新聞)

「ケーススタディー産学官連携」の連載コラムで日進精機と電気通信大学と共同開発した「CNCパイプベンダー」の今までの経緯と現状が紹介される。また加藤社長が今後の事業戦略について語っている。
2002/7/10
中国進出に慎重姿勢

(日経産業新聞)

「談話室」のコラムに「バスに乗り遅れるな、だけで中国に出て行くのは不安」と中国進出に慎重な加藤社長の発言が取り上げられ、タイ工場の増強とフィリピンへの進出も紹介される。
2002/7/09
教授も企業へ

(日刊工業新聞)

「コースター」のコラムで「民間から大学への研究者派遣はあっても、大学の先生が経営を勉強し、経験することはない。大学からも企業に2、3年間先生を派遣しても良いのでは…」との加藤社長の持論が紹介される。
2002/7/05
中小企業の在り方考える、第1回産学官連携推進会議、加藤社長パネラー出席

(南信州)

国立京都国際会館で6月15日に始まった第1回産学官連携推進会議の内容が詳しく取り上げられ、加藤社長が分科会「地域中小企業に対する技術指導」で大学との連携の実例の紹介をしたこと、双方向の産学の技術者の交流の必要性を訴えたことなども紹介される。
2002/7/01
タイでプレス加工拡大、日進精機、日本企業向けに

(日経産業新聞)

タイ工場の売上が急増し、今期売上1億バーツを目標としていること、プレス機械の増設と、金型製造設備の投入などが紹介される。
2002/6/16
研究者・経営者、意識改革が必要

(京都新聞)

国立京都国際会館で6月15日に始まった第1回産学官連携推進会議の内容が取り上げられパネルディスカッションで発表する加藤社長の写真が掲載される。
2002/6
中小企業は空洞化と奮闘中

(新潮社刊FORESIGHT June 2000)

水木 楊の連載「未来史の現場」で「大田区ふたたび」と題して日進精機が取り上げられる。平成10年9月号で当時の太刀川社長が取材を受けており4年後の大田区はどうなっているかという切り口での取材。加藤社長が新製品開発、海外戦略など生き残りを賭けた企業の取組みを話す。

2002/3/02
勝ち残る町工場 「多機能社員」をめざせ

(日本経済新聞)

「勝ち残る町工場」の連載コラム(4)で日進精機のタイ工場の発展の経過と技術者の日本での教育の取組みが紹介される。
2002/1/31
フィリピンへ工場進出―日進精機 5年後に年商12億円へ

(南信州)

日進精機のフィリピンへの工場進出が詳しく紹介される。現地会社はニッシン・プレシジョン・フィリピンズ・コーポレーション。5年後は年商12億円を目指すとの抱負やなぜフィリピンなのかなどの加藤社長のコメントも紹介される。
2002/1/24
New Ecozone Locator

(Manila Bulletin)

日進精機のフィリピン現地会社ニッシン・プレシジョン・フィリピンズ・コーポレーションがPEZA企業として登録されたことが報じられ、PEZA庁長官Lilia B. de Lima女史との調印の写真も掲載される。
2002/1/29
マハティール首相も着目した技術力

(時事通信社 世界週報2002年1月29日号)

連載「元気な企業たち」の第3回で日進精機が取材される。創業の頃からマハティール首相訪問、パイプベンダーなど最近の話題まで広く紹介される。
2002/1/9
日進精機、フィリピン進出、精密金型用部品を製作

(日経産業新聞)

2002年6月操業を目処に準備している日進精機のフィリピン工場ニッシン・プレシジョン・フィリピンズの計画が紹介される。精密深絞りの特徴や将来計画についても付言。
2002/1/9
独自技術で「常に現状打破」

(産経新聞)

経済欄の連載「頑張るホット企業」で紹介される。取材後記で日進精機の経営理念も紹介される。
2001/12/24
日進精機、フィリピンに工場進出

(日刊工業新聞)

日進精機のフィリピン現地会社ニッシン・プレシジョン・フィリピンズ・コーポレーションが2002年6月操業を目処に準備を開始したことが紹介される。
2001/12
リフレクター用金型では世界でも数少ない技術 -精密プレス金型の草分け日進精機

(郵便貯金振興会 郵便貯金2001年12月号Vol609)

日進精機の歴史と特徴がマレーシアのマハティール首相の訪問のエピソードを交えながら紹介される。
2001/11
ニッポンの将来なんて相当憂えるね

(日刊工業新聞社刊 プレス技術2001年11月号)

新連載「橋本教授の中小企業のお父さんお母さんガンバンなはれ!」の前回の続き。
2001/10
「ほかと違うこと」を追求したら世界が見えてきた

(三和総合研究所)

東海大学サンドゥー・アダルシュ助教授との対談で加藤社長が日進精機の歴史と経営を語る。
2001/10
空洞化でこれからは大変な時代になるぞ

(日刊工業新聞社刊 プレス技術2001年10月号)

新連載「橋本教授の中小企業のお父さんお母さんガンバンなはれ!」で太刀川会長が政策研究大学院大学の橋本久義教授のインタビューで大いに語る。
2001/08/23
中小企業のモノづくり支援を

(日刊工業新聞)

「構造改革―私は言いたい」のコラムで、加藤社長は規制緩和によるサービス業の雇用創出だけでは日本経済は立ち行かないとし、中小企業のモノづくり支援をうったえる。
2001/07
一片の新聞記事から生まれた画期的な“パイプベンダー”

戦略経営者(TKC)No.177

特集「産学連携の実際」でCNCパイプベンダーを始めとする日進精機の産学連携の事例が紹介される。
2001/06/29
考える力を育てて

(日本経済新聞)

「定期券」のコラムで加藤社長が技術者も「簡潔明快なことばで相手に物事を説明する能力は身につけてもらわないと」と厳しく語る。
2001/06/13
わが街(東京・大田)ハイテク企業

(日本経済新聞)

パイプ加工装置 曲線自在、欧米企業に的。1992年の発売以来、家具や自転車メーカーなど幅広い分野の企業に納入されてきたCNCパイプベンダーやタイ工場の最近の動きが紹介される。
2001/05/16
日進精機、タイのプレス金型合弁を強化

(日本工業新聞)

タイの新工場の状況とタイでの金型生産の計画が紹介される。
2001/04
マハティール、AP通信が絶賛した東京・大田区日進精機の反射板技術耳寄りな企業訪問

連載15

(財界2001春季特大号)

加藤社長が将来の日進精機の計画を語る。
2001/04/06
比国派遣団の一員に加藤社長投資環境を調査

(南信州)

3月に行われた日本貿易振興会が派遣したフィリピン投資環境調査ミッションの模様を紹介。
2000/12/14
海外でも高い評価

(日刊工業新聞)

パイプベンダーがテラス欄で紹介される。
2000/10/06
水をフィルターに利用、日進精機が湿式濾過集塵機

(日刊工業新聞)

新しい湿式濾過集塵機「アクア・ブロークリーナー」が紹介される。
2000/09/12
Japan’s small manufactures forge own path

(The Honolulu Advertiser)

日本を代表する中小企業の集積地として知られる東京・大田区で好調な業績を誇り、グローバル化の潮流の中で生き残りを果たす成功企業としてAP通信を通じて米国紙、日本の英字紙に紹介される。
2000/07/25
産学共同と祖業にこだわる多角化を推進

(東商新聞)

「モノづくりが明日を拓く」の連載で日進精機の取組みが紹介される。
2000/06/06
パイプ曲げ加工、形状を3次元で表示、シミュレーションソフト、日進 精機が開発

(日刊工業新聞)

CNCパイプベンダーに搭載される新しいシミュレーションソフトが紹介される。
2000/05
自動車などの反射レンズ用金型で国内トップシェアを誇る、精密プレス金型・プレス加工メーカー

(DBC 2000/05)

日本の電気・電子工業などを高い技術で下支えする日進精機の歴史と現在が紹介される。
2000/02/10
発明大賞笹川特別賞受賞

(日刊工業新聞)

日本発明振興協会の第25回発明大賞で「押し通しダイスによる3次元パイプベンダー」が発明大賞笹川特別賞を受賞し特長や技術的なポイントが紹介される。
2000/02
「日進精機」事業をグローバルに展開

(日経メカニカル 2000/02 no.545)

タイ進出などのグローバル経営、自家製品開発などの積極的な経営が紹介される。
1999/11/12
東京都大田区、長野県飯田市 異業種組織が交流会

(日刊工業新聞)

加藤社長が代表幹事を務める「大田区異業種交流会シンフォニー94」外2グループが「飯田工業振興ネットワーク協議会」と交流会する旨紹介される。
1999/11/04
押し型を一切使わず、CNCパイプ曲げ加工機―日進精機

(日本工業新聞)

知られざる“世界一”ということで日進精機のCNCパイプベンダーが紹介される。
1999/06/03
日進精機、中国・無錫微研と提携

(日刊工業新聞)

無錫微研有限公司との金型、プレス、リフレクターに関する技術供与の提携調印が紹介される。
1999/04/13
東京の財政再建に全力、都知事石原氏が抱負

(日刊工業新聞)

新都知事の抱負と並んで新都知事に対して「地域産業界の声」として「やる気のある企業が更に伸びるような産業施策を要望する」との加藤社長の談話も紹介される。
1999/06
おお化けなるか! 3次元イライラ棒「ジ・アンタッチャブル」

(日刊工業新聞社刊TRIGGER 1999vol.18No.6)

特集「元気の出る異業種交流」で加藤社長が代表幹事を務める「大田区異業種交流会シンフォニー94」が取り上げられ同グループが開発したゲーム機3次元イライラ棒「ジ・アンタッチャブル」が表紙と記事と双方に掲載。使用されているパイプは日進精機の「CNCパイプベンダー」で曲げたもの。
1999/04/10
大学の技術で活性化を図る大田区中小企業群の戦略

(週刊ダイヤモンド99.4.10号)

日進精機と電気通信大学との産学共同の紹介がされている。
1999/03/16
てのひらに、針の頭ほどの部品が載っている

(朝日新聞)

百年のこと第二部ものの記憶の連載記事で日進精機の携帯電話のプレス部品と伊藤勲相談役(創業社長)の生い立ちが紹介される。
1999/03/15
町工場の夢が日本をよみがえらす

(日経ビジネス1999年3月15日号)

巻頭コラム「有訓無訓」(旋盤工・作家の小関智広氏執筆)の中で日進精機の事例が紹介される。
1999/02/19
ISO9002認証を取得、日進精機、品質管理の向上へ

(南信州)

日進精機のISO9002認証取得と事業展開が紹介される。
1999/01/07
日進精機、タイに新工場、精密プレス部品を増産

(日刊工業新聞)

タイの新工場、昨年12月に着工、今年竣工の予定。今後の事業展開が紹介される。
1999/01
精密加工技術をお客様に喜ばれる商品に

(日刊工業新聞社刊 プレス技術1999年1月号)

「プレス技術の最前線」で加藤社長がインタビューされ、経営理念、事業展開などを語る。
1998/12/23
異業種交流会シンフォニー94、「化ける」と期待

(日刊工業新聞)

大田区異業種交流会シンフォニー94(代表幹事加藤社長)が開発した「三次元イライラ棒」が大田区の「R&D工業フェア」で展示され期待を集めている様子が写真入で紹介される。
1998/11/20
国内だめでも海外で、需要の変化に柔軟対応

(日経産業新聞)

新東京物語・町工場の底力の連載記事で、日進精機の海外展開やリフレクター金型、三次元パイプ曲げ加工機などの事業展開が紹介される。
1998/11/03
生き残りへ決断力発揮

(日刊工業新聞)

「さあ出番」で加藤新社長が紹介され今後の抱負などを語る。
1998/10/26
タイ合弁が新工場、将来の増産も視野

(日経産業新聞)

タイの新工場の計画や、将来の事業展開が紹介される。
1998/10/23
現状を打破しつづける

(日経産業新聞)

「談話室」で加藤新社長が紹介され抱負を語る。
1998/10/26
日進精機が開発賞金賞、CNCパイプベンダー

(南信州)

フランスで開かれた展示会「TRANSFOMETAL」で日進精機のCNCパイプベンダーが開発賞金賞を受賞したことと会場での活況が紹介される。
1998/09/30
加藤専務が新社長に昇格 日進精機

(日刊工業新聞)

日進精機の新役員人事が紹介される。
1998/06/24
金型が攻める、上・下流へじわり浸食

(日経産業新聞)

日進精機の高速絞り加工に賭ける金型ビジネスが紹介される。
1998/06/10
インテリア市場に進出

(日経産業新聞)

リフレクターの成形技術を応用したシャンデリアの開発が紹介される。
1998/05/22
CNCパイプベンダー、欧州市場で人気

(日刊工業新聞)

4月20-24日にドイツのデュッセルドルフで開催された「TUBE’98」の反響を踏まえ、日進精機のCNCパイプベンダーの欧州市場での人気が紹介される。
1998/02/18
金型製作システムを外販

(日経産業新聞)

日進精機の金型製作用のCAD/CAMシステムの外販を始めたことが紹介される。
1998/02/15
子どもらは技術者の卵

(朝日新聞)

通産省などが主催する「ものづくり親子工場見学ツアー」が14日行われ日進精機の工場見学の様子が写真入で紹介される。
1998/01/28
日進精機・輸出を拡大、パイプ加工機を中心に

(日経産業新聞)

海外部を新設しパイプ加工機を中心に本格的に輸出を拡大する計画が紹介される。
お問い合わせはこちらまで

電話 03-3758-1901

Copyright(C) 2004 Nissin Precision Machines Co.,Ltd. All Rights Reserved